あしびなーの由来

よく遊び庭(あしびなー)と表記され沖縄津々浦々の部落(集落)にひとつはある御拝所(うがんじゅ)の前の神聖な遊び場のこと。

広さは地域によって千差万別である。古代琉球の時代から御拝所の前のあしびなーで五穀豊穣を祈願し、御神酒や御馳走そして太鼓、謡踊りを神に捧げた。

現在も沖縄本島の数カ所の部落や八重山群島のほうではこの祀りが伝統的に行われており、琉球芸能に多大な影響を与えたと考えられている。

最近は民謡のタイトルとして使用され、神聖なイメージから庶民的な遊び場として表現されているケースもある。

Page Top

チャンプル文化の由来

チャンプル文化、簡単に言うとミックスの意味。元々は沖縄の庶民料理から発生した言葉であり、いろいいろな食材を一色端に入れた炒めモノのことである。

唐の世から大和の世、大和の世からアメリカ世、アメリカ世からまた大和の世と、波瀾の歴史の中をくぐり抜けてきた沖縄は、外圧に振り回されながらも、その時代々で異文化の良いものを受容し、「ゴチャ混ぜ」にして、独自の文化を形成してきた。

その影響を地域文化にまで昇華させ、特異な活動として定着させたのがコザであり、チャンプルー文化の発信地として市内外や外国でその活動が高く評価されている。

Page Top