2019年の公演情報

  • 落語・演劇WS[文化芸能体験ワークショップ]

    落語と演劇のワークショップを開催!!受講生?!ウズウズ・ドキドキ・沸々としたモノを持った学生さん(演劇は一般も可)を募集しております〜
    受講料はなんと無料です!!!最高!!

    いろんな経験をして、いろんな選択肢を作ってあげる事ってすごく良い教育になると思いますので、選択肢や視野を広げる勉強に、放課後のクラブ活動代わりに、お子様や甥っ子姪っ子近所の子などなどに宣伝頂けるとありがたいです。

    ご参加お待ちしております★

    『落語・演劇ワークショップ』

    公演日

    A『落語ワークショップ』2/1〜2/22までの毎週金曜[全4回]
    B『演劇ワークショップ』2/18〜2/24までの約1週間[全6回]

    料金

    受講料/無料

    ご予約

    沖縄市民小劇場あしびなー

    お問合せ

    098-934-8487

    INFO

    A. 落語ワークショップ

    日本にしかない最高の娯楽!!
    江戸から続く伝統芸能でもあり、正座したまま何人もの役を演じ分けながら話をするという世界でも日本にしかない園芸である落語の魅力に触れて小噺(こばなし)を喋って見ませんか?

    お笑いに興味のある方や、コミュニケーション能力・人前で話す力を高めたい方などなどきっと将来の役に立つし、ここで得た経験があなたの人生をチョロっとだけ変えるかもしれません。 沖縄市民小劇場あしびなーSTAFF:島袋

    A【落語ワークショップ】申込期限 1/31必着
    講師/北山亭メンソーレ[全4回]

     

    B. 演劇ワークショップ

    演目:Who is HERO?
    演劇で学ぼう〜周りを惹きつけるリーダーシップ〜

    ヒーローショーの設定で、平和について考える作品を、劇団O.Z.Eのメンバーと共に演じるワークショップ。人前に出て表現する楽しみを体験してみませんか?

    A【落語ワークショップ】申込期限 1/31必着
    講師/北山亭メンソーレ[全4回]

    [詳細]
    沖縄市文化芸能発達事業
    文化芸能体験ワークショップ「落語と演劇」

    落語と演劇のワークショップを開催!
    第一線で活躍する講師の方々から学ぶ貴重な経験は、きっと将来や仕事に生かされる事でしょう。

    ※受講者は施設内の駐車場が無料になります。

  • ココロ、オドル

    沖縄市民小劇場あしびなー
    「コザ×桜坂」シネマコネクション!
    現在、桜坂劇場で大ヒットしている映画「ココロ、オドル」が沖縄市で限定上映されます。
    さらに併設上映でこれもまた大ヒットした映画「沖縄を変えた男」も上映!

    日時:3月28日(木) ※監督舞台挨拶あり
    ・ココロオドル / 11:30 14:00 19:00 (3回上映)
    ・沖縄を変えた男 / 16:30 (1回上映)

    日時:3月29日(金) ※監督舞台挨拶あり
    ・ココロオドル / 11:30 14:00 19:00 (3回上映)
    ・沖縄を変えた男 / 16:30(1回上映)

    『ココロ、オドル』

    公演日

    3/28(木)3/29(金)

    料金

    FunC会員当日:1,000円(月曜は会員デー800円)
    一般:1,700円 / シニア(60歳以上) 1,200円
    高校生・大学生 1,400円(要学生証提示) / 小中学生1,000円(要学生証提示)
    幼児(3歳以上・作品によっては2歳以上場合あり) 650円
    障がい者割 850円(同行の介助者1人まで850円) / 前売券 1,200円

    ご予約

    沖縄市民小劇場あしびなー

    お問合せ

    098-934-8487

    INFO

    沖縄では、ゴリ監督の「洗骨」や岸本監督の「ココロ、オドル」が話題になっており、県内上映の映画にも関わらず、県外からのお客様や問合せがあります。
    今、沖縄映画(ローカル映画)が熱い!
    そんな沖縄で作られた映画をみんなで大きなスクリーンで観よう!

    監督:岸本 司
    出演:尚玄/吉田妙子/ダニエル・ロペス/仲宗根梨乃/仁科貴/池間夏海/加藤雅也
    作品情報:2019年/日本/96分/カラー

    《ストーリー》
    英語の通じない島の民宿に宿泊することになった外国人夫婦。罪を犯し、逃亡中にもかかわらず息子のために島に帰ってきた男。妻が浮気相手と共に島から出て行き、残されてしまった義理の父と娘。不器用ながらも愛を求める3組の家族。そのココロは、美しい慶良間諸島の自然と島の人々のチムググル(愛情)によってほぐされ、やがてココロが打ち解けていく。

    ■第一話『夫婦になれない男と女』
    座間味島の民宿「満月荘」に、外国人カップルのメグ(仲宗根梨乃) とクリス(ダニエル・ロペス) がやってきた。

    日本語が通じない2人を、英語が通じない民宿のおばぁ(吉田妙子) と孫の雄飛(尚玄) が出迎える。話せない中でも意思の疎通をはかり、島に馴染もうとするメグに対し、終始不機嫌なクリス。互いにすれ違ったまま、島での日々を過ごすのだが、実はメグにはある秘密があった。

    ■第二話『心の通じない親子』
    兄夫婦に息子(普久原ローサ) を任せ、5年も音沙汰のなかったヨシヤ(仁科貴) が、恋人(赤嶺かなえ) を連れて帰ってきた。息子を引き取りたいと懇願するヨシヤだが、実は横領罪で追われる身であった。満月荘のおばぁと雄飛は、2人を温かく受け入れるのだが、放って置かれた息子や育ての親である兄夫婦は穏やかではいられない。人生をやり直したいヨシヤの願いは叶えられるのか。

    ■第三話『家族になれない父と娘』
    サバニ職人の夏樹(加藤雅也) は、妻が不倫相手の竹一と島から出てしまい、娘(池間夏海) と2人だけの生活を始めることになる。しかし父と娘の距離は余りにも遠く、関係はギクシャクするばかり。そんな折、竹一がひとりだけ島に戻ってきた。そして娘の引き起こしたある事件のために夏樹は竹一と対峙することになる。

  • 5月のオススメ公演

    桜坂劇場のヒット作、話題作を、沖縄市民小劇場あしびなーで上映する

    コザ✖️桜坂 シネマコネクション

    5月の公演日 5/25[土] - 5/26[日]
    累計発行部数35万部を超える大人気コミック待望の実写映画化。メガホンを取るのは動物写真家・岩合光昭。
    主人公の大吉さんには落語家・立川志の輔。「ねことじいちゃん」
    世界各地の動物たちの生態を捉えたテレビ番組「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」初の劇場版。
    「劇場版 ダーウィンが来た!アフリカ新世紀」の2作品です。

    *FunC会員料金が適用されます。*5時間無料の駐車場もご利用になれます。

    『コザ✖︎桜坂シネマコネクション『ねことじいちゃん』』

    公演日

    5/25[土] – 5/26[日]

    公演時間

    5/25[土]
    10:30 / 15:00 / 19:30

    5/26[日]
    11:00 / 16:00

    料金

    前売 : 1,200円
    当日 : 1,700円 / シニア : 1,200円 / 桜坂劇場会員 [FunC] : 1,000円

    ご予約

    初回上映日前日までに電話でご予約頂くか、あしびなー劇場窓口にてお買い求め下さい。
    前売り券の予約については、下記電話番号までお問合せください。

    お問合せ

    沖縄市民小劇場あしびなー TEL:098-934-8487

    INFO

    累計発行部数35万部を超える大人気コミック「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊)が待望の実写映画化。メガホンを取るのは動物写真家・岩合光昭。岩合監督にしか撮れない猫たちの表情や島の美しい風景とともに、そこに暮らす人々をユーモラスかつ繊細に描き出しました。主人公の大吉さんには岩合監督からの「志の輔さんしか考えられない」と熱烈オファーを受けた落語家・立川志の輔。共演には柴咲コウをはじめ、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之など人気・実力を兼ね備えた俳優陣が集結。そしてもう一人の主人公、猫のタマ役は、100匹以上のオーディションから抜擢されたベーコン。まあるい体にふてぶてしい表情、志の輔師匠との息の合った動きなど、観る者の心を奪う熱演(?)は必見です!

    『コザ✖︎桜坂シネマコネクション『ダーウィンが来た!アフリカ新世紀』』

    公演日

    5/25[土] – 5/26[日]

    公演時間

    5/25[土]
    12:50 / 17:20

    5/26[日]
    13:30 / 18:30

    料金

    前売 : 1,200円
    当日 : 1,700円 / シニア : 1,200円 / 桜坂劇場会員 [FunC] : 1,000円

    ご予約

    初回上映日前日までに電話でご予約頂くか、あしびなー劇場窓口にてお買い求め下さい。
    前売り券の予約については、下記電話番号までお問合せください。

    お問合せ

    沖縄市民小劇場あしびなー TEL:098-934-8487

    INFO

    灼熱の砂漠から赤道直下のジャングルや極寒の地など、世界各地で暮らすさまざまな生きものたちを紹介してきた「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」。劇場版では、群れから追放されたオスライオンの挑戦、家族を失い1頭で子育てするメスライオンの奮闘、片腕を失った子供と生活しているゴリラの家族愛を軸に、アフリカの野生動物たちの姿を映し出す。

     

    世界各地の動物たちの生態を捉えたテレビ番組「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」初の劇場版。2006年の放送開始以来500本を超えるアーカイブから、アフリカ大陸の三つのエピソードを紹介する。放浪の旅を続けながら王を目指すオスライオン、幼い子供を育てるメスライオン、子供を見守るゴリラなど、アフリカの多様な環境で生きる野生動物たちを活写する。

  • 4月のオススメ公演

    桜坂劇場のヒット作、話題作を、沖縄市民小劇場あしびなーで上映する

    「コザ×桜坂」シネマコネクション

    4月の公演日 4/23[火] - 24[水]
    カンヌ映画祭で歴代最高評価を獲得した、究極のミステリー。「バーニング劇場版」
    娘である「私」の視点から、認知症の患者を抱えた家族の内側を丹念に描いた大反響のドキュメンタリー。
    待望の映画化。「ぼけますから、よろしくお願いします。」の2作品です。

    *FunC会員料金が適用されます。*5時間無料の駐車場もご利用になれます。

     

    そして!!
    純度の高い沖縄産のお笑いを提供する「FEC」と市民小劇場あしびな〜の企画「コザお笑い劇場」
    がゲストばんない引き連れて4月も開催されます!!

    『バーニング 劇場版』

    公演日

    4/23(火) – 4/24(水)

    公演時間(148分)

    13:20 / 19:00

    料金

    前売 : 1,200円
    当日 : 1,700円 / シニア : 1,200円 / 桜坂劇場会員 [FunC] : 1,000円

    ご予約

    初回上映日前日までに電話でご予約頂くか、あしびなー劇場窓口にてお買い求め下さい。

    前売り券の予約については、下記電話番号までお問合せください。

    お問合せ

    沖縄市民小劇場あしびなー TEL:098-934-8487

    INFO

    「シークレット・サンシャイン」「オアシス」で知られる名匠イ・チャンドンの8年ぶり監督作で、村上春樹が1983年に発表した短編小説「納屋を焼く」を原作に、物語を大胆にアレンジして描いたミステリードラマ。アルバイトで生計を立てる小説家志望の青年ジョンスは、幼なじみの女性ヘミと偶然再会し、彼女がアフリカ旅行へ行く間の飼い猫の世話を頼まれる。旅行から戻ったヘミは、アフリカで知り合ったという謎めいた金持ちの男ベンをジョンスに紹介する。ある日、ベンはヘミと一緒にジョンスの自宅を訪れ、「僕は時々ビニールハウスを燃やしています」という秘密を打ち明ける。そして、その日を境にヘミが忽然と姿を消してしまう。ヘミに強く惹かれていたジュンスは、必死で彼女の行方を捜すが……。「ベテラン」のユ・アインが主演を務め、ベンをテレビシリーズ「ウォーキング・デッド」のスティーブン・ユァン、ヘミをオーディションで選ばれた新人女優チョン・ジョンソがそれぞれ演じた。第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、国際批評家連盟賞を受賞。

    『ぼけますから、よろしくお願いします。』

    公演日

    4/23(火) – 4/24(水)

    公演時間(102分)

    11:00 / 16:30

    料金

    前売 : 1,200円
    当日 : 1,700円 / シニア : 1,200円 / 桜坂劇場会員 [FunC] : 1,000円

    ご予約

    初回上映日前日までに電話でご予約頂くか、あしびなー劇場窓口にてお買い求め下さい。

    前売り券の予約については、下記電話番号までお問合せください。

    お問合せ

    沖縄市民小劇場あしびなー TEL:098-934-8487

    INFO

    自身の乳がん闘病を描いたドキュメンタリー番組「おっぱいと東京タワー 私の乳がん日記」でニューヨークフェスティバル銀賞などを受賞したテレビディレクターの信友直子が、認知症の母親と耳の遠い父親を題材に手がけたドキュメンタリー。広島県呉市で生まれ育った信友監督は、大学進学のため18歳で上京して以来、40年近く東京で暮らし、現在はドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクターとして活躍している。呉市に暮らす両親は結婚もせずに仕事に打ち込むひとり娘を遠くから静かに見守っていた。45歳で乳がんが見つかり、落ち込む娘をユーモアあふれる愛情で支える母。そんな母の助けにより、人生最大の危機を乗り越えた信友監督は両親との思い出づくりのため、父と母の記録を撮りはじめる。しかし、信友は母の変化に少しずつ気づきはじめ……。2016年と17年にテレビで放送された作品に追加取材、再編集を加えて、信友監督初の劇場作品として劇場上映。

    『FEC x あしびなー コザお笑い劇場』

    公演日

    2019年4月27日(土)

    料金

    [前売り] 一般 / ¥1,000 高校生以下 / ¥500
    [当 日] 一般 / ¥1,500 高校生以下 / ¥750

    お問合せ

    FEC オフィス / 098-869-9505
    沖縄市民小劇場あしびなー / 098-934-8487

    INFO

    純度の高い沖縄産のお笑いを提供する「FEC」と市民小劇場あしびな〜の企画「コザお笑い劇場」がやって参ります!!

    今回はゲストばんない!!6アーティスト出演です〜

    そして毎回、飽きさせない趣向を凝らしてテンポよく進む舞台は素晴らしいのでホントに必見です!!

    FECの人気芸人達も多数出演しネタを披露してくれる盛り沢山の内容となっております。
    テレビやラジオでは伝わらない”生”の空気を是非味わい〜そして沢山笑いに来てくださいませ。

  • 6月のオススメ公演

    話題沸騰!!チケット完売必至な大人気公演があしびなーにやって来ます〜

    純沖縄産のお笑いをお届けする演芸集団FECのマーちゃんこと小波津正光氏が企画・脚本・演出を手掛けるシニカルでコミカルな長寿演目『お笑い米軍基地』最新作!!

    これは早めにチケットをGETする事をオススメします!!みなさま是非お越しくださいませ。

    桜坂劇場のヒット作、話題作を、沖縄市民小劇場あしびなーで上映する

    コザ✖️桜坂 シネマコネクション

    6月の公演日 6/29[土] - 6/30[日]
    『王の男』『王の運命(さだめ) 歴史を変えた八日間』『空と風と星の詩人 尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯』
    に続き、イ・ジュンイク監督が再び世界を魅了する――禁断の歴史映画の誕生!「金子文子と朴烈」
    世界中から大絶賛!!観客賞を総ナメにした感動作。アルゼンチンからポーランドまでの奇跡のロードムービー
    「家へ帰ろう」の2作品です。

     

    『お笑い米軍基地⑮ 〜本島縦断オール新作ツアー〜』

    公演日

    2019年6月22日(土)

    料金

    チケット
    公演チケット(全席指定)
    [前売り一般] 2,000円 / [当日] 3,000円
    [前売り高校生以下] 1,000円 / [当日]1,500円

    ご予約

    沖縄市民小劇場あしびなー窓口にてチケット発売中。電話予約不可。

    お問合せ

    沖縄市民小劇場あしびなー TEL:098-934-8487

    INFO

    沖縄のお笑い芸人が米軍基地問題を笑いに変える!
    沖縄の演芸集団FECが企画・脚本・演出を手掛ける舞台「お笑い米軍基地」。 沖縄の米軍基地などの社会問題を「お笑い」というメスで斬るそのスタイルは、2005年の初公演以来、幅広い層から絶大なる支持を受ける。

    企画・脚本・演出 小波津正光

    『コザ✖︎桜坂シネマコネクション[金子文子と朴烈]』

    公演日

    6/29(土) – 6/30(日)

    公演時間(129分)

    11:00 / 16:30

    料金

    前売 : 1,200円
    当日 : 1,700円 / シニア : 1,200円 / 桜坂劇場会員 [FunC] : 1,000円

    ご予約

    初回上映日前日までに電話でご予約頂くか、あしびなー劇場窓口にてお買い求め下さい。
    前売り券の予約については、下記電話番号までお問合せください。

    お問合せ

    沖縄市民小劇場あしびなー TEL:098-934-8487

    INFO

    1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、「犬ころ」という詩に心を奪われる。この詩を書いたのは朝鮮人アナキストの朴烈。出会ってすぐに朴烈の強靭な意志とその孤独さに共鳴した文子は、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きる事を決めた。ふたりの発案により日本人や在日朝鮮人による「不逞社」が結成された。しかし同年9月1日、日本列島を襲った関東大震災により、ふたりの運命は大きなうねりに巻き込まれていく。 内務大臣・水野錬太郎を筆頭に、日本政府は、関東大震災の人々の不安を鎮めるため、朝鮮人や社会主義者らを無差別に総検束。朴烈、文子たちも検束された。社会のどん底で生きてきたふたりは、社会を変える為、そして自分たちの誇りの為に、獄中で闘う事を決意。ふたりの闘いは韓国にも広まり、多くの支持者を得ると同時に、日本の内閣を混乱に陥れていた。そして国家を根底から揺るがす歴史的な裁判に身を投じていく事になるふたりには、過酷な運命が待ち受けていた…。

    『コザ✖︎桜坂シネマコネクション[家へ帰ろう]』

    公演日

    6/29(土) – 6/30(日)

    公演時間(93分)

    14:00 / 19:30

    料金

    前売 : 1,200円
    当日 : 1,700円 / シニア : 1,200円 / 桜坂劇場会員 [FunC] : 1,000円

    ご予約

    初回上映日前日までに電話でご予約頂くか、あしびなー劇場窓口にてお買い求め下さい。
    前売り券の予約については、下記電話番号までお問合せください。

    お問合せ

    沖縄市民小劇場あしびなー TEL:098-934-8487

    INFO

    ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋アブラハムは、自分を施設に入れようとしている家族から逃れ、スペイン・フランスを経てポーランドへと向かうための旅に出る。その目的は、第2次大戦中のホロコーストから逃れ、自分の命を救ってくれた親友に自分が仕立てた「最後のスーツ」を渡すこと。監督・脚本を手掛けたパブロ・ソラルスは本作が長編映画の監督2本めで、自身の祖父の家が「ポーランド」という言葉がタブーであったことから発想を得、自身のアイデンティティーを確認するために避けて通れないテーマを感動のロードムービーとして結実させた。2017年釜山国際映画祭 World Cinema 部門に正式出品され、またSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018国際コンペティション部門に出品されるなど世界各国から注目を集める。『A Boyfriend for my wife』(08)や『I Married a Dumbass』(16)などアルゼンチンで大ヒットした映画の脚本を手掛け、特に『A Boyfriend for my wife』は韓国で『僕の妻のすべて』(13)としてリメイクされている。
    頑固だが旅の先々で出逢う女性たちに助けられ、心を開いていくアブラハムに『タンゴ』(98)で男の色気を余すところなく発揮したミゲル・アンヘラ・ソラ。本作で2018年に開催された第44回シアトル国際映画祭最優秀男優賞に選ばれた。マドリッドのホテル女主人に『シチリア!シチリア!』(09)のアンヘラ・モリーナが熱演。アルゼンチンからポーランドまで

最新の公演情報

年別の公演情報